CULBクラブ概要

クラブ名称

NGUラブリッジ名古屋

クラブ名の由来

エンブレム エンブレム
  • 愛知を意味する造語。(愛LOVE 知KNOWLEDGE)<ラブリッジ>
  • ブリッジ(橋)には県民、関連官庁・業界・団体等多くの皆さんとつながりを持っていきたいという願いが込められている。
  • LEDGE(岩壁)、強固な団結力を持つ団体でありたいという願いが込められている。
  • なでしこ(LOVABLE)「大和撫子」のように清楚で可憐ながらたくましい心を持った女性たちを育成、サポートしていきたいという想いが込められている。

マスコット
キャラクター

エンブレム

クラブ構成

クラブ構成

NGUラブリッジ名古屋の取組み

私たちラブリッジ名古屋は「持続可能な開発目標(SDGs)」について、
サッカーを通じて貢献していきます。

SDGsとは、2030年までに世界が抱える問題を解決し、
持続可能な社会をつくるために世界各国が合意した17の目標と169のターゲットです。

私たちは、スポーツは「SDGs」に深く関わると考えています。
ラブリッジ名古屋は女子サッカーチームとして「女性や若者のエンパワーメント」に寄与し、
さらに「あらゆる人々の活躍の推進」「健康・長寿の達成」「平和と安全・安心社会の実現」
その他SDGs目標に資する為、多角的に活動していきます。

NGUラブリッジ
名古屋の目的

愛知県の女子サッカーの発展及び女子サッカーを通じて
女性アスリートの活躍できる環境の創出

沿革

1995年名古屋グランパスジュニアレディースとしてジュニアチーム発足
1996年ユースチーム発足
1996年愛知県リーグ2部 LA2 加盟
1998年名古屋FCレディースと名称変更
2001年愛知県リーグ1部 LA1 昇格
2004年東海リーグ昇格
2012年NGU名古屋FCレディースと名称変更
2013年NPO法人LOVELEDGEが運営法人となる
2014年日本女子サッカーリーグ3部チャレンジリーグ昇格
2017年NGUラブリッジ名古屋と名称変更

戦歴

パートナー

運営法人

特定非営利活動法人LOVELEDGE

特定非営利活動法人LOVELEDGE